本ブログ「Linuxとは日記」は移転しました
Linuxとは日記の移転先はこちら

2010年09月04日

Ubuntuにmigemoをインストールする

migemoとはローマ字で漢字を検索することができるEmacsプラグイン(elisp)です。

もし、お使いのOSがUbuntuならmigemoはapt-getで簡単に導入することができます。gnome端末などを起動して次のコマンドを入力してください。

 sudo apt-get install migemo 

パッケージでインストールすることができない環境の場合はmigemoの公式ページを見ながらインストールすることをおすすめします。さまざまなソフトやライブラリが必要になるので、少し手こずるかもしれませんが、実際に使ってみるとその手間の元もすぐに取り戻すことが出来るくらい便利なプラグインです。

migemoが提供してくれる機能を簡単にご紹介すると、C-sやC-rなどのインクリメンタルサーチで漢字やひらがななどの日本語を検索する場合は、IMEを起動して検索したい文字を実際に入力する必要があります。

しかし、migemoをインストールすれば、アルファベットのままでも検索を行うことができるのです。例えば、「検索」という文字列をmigemoがインストールされた状態で検索するには、検索パターンに「kensaku」と入力するだけで良いのです。

プログラミンにEmacsを利用している方は、日本語によるコメント検索する場合に非常に重宝するはずです。メーラーやorg-modeなどを使っている方は、日頃の操作性に著しい変化を与えると思いますので、ぜひお試しください。

ついでにご紹介させていただきますが、Firefoxでもmigemoと同じ機能を提供してくれるアドオン(プラグイン)があります。名前はXUL/Migemoで、こちらのインストールは他のアドオンと代わりなくクリック一つと再起動で可能です。

再起動後に、最初だけセットアップが必要になりますが、これも案内の通りに答えるだけで完了するので、非常に簡単です。

タグ:Emacs ubuntu
posted by Linuxとは at 17:18 | Emacs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。