本ブログ「Linuxとは日記」は移転しました
Linuxとは日記の移転先はこちら

2010年08月27日

UbuntuにRuby-Mechanizeをインストールする

Ruby Mechanizeとは、Ruby Gemsからインストール可能なRubyでウェブブラウジングと同じ動作をさせるソフトウェアです。

Cookieなどの動作や、httpヘッダの送信なども自動でサポートしてくれるため、ウェブブラウザで行なっている操作を自動化したいというシンプルな要望を簡単に実現することが可能です。

それではUbuntuにRuby Mechanizeをインストールする方法をご紹介します。先程もご紹介しましたが、MechanizeをインストールするにはRuby Gemsが必要です。

最新のUbuntuを使っている場合は、UbuntuソフトウェアセンターからインストールしたgemsでMechanizeをインストールすることは可能です。古いMechanizeが依存しているNokogiriが古い状態でインストールされてしまい、Mechanizeも正常に動作しないことがあるようなので、gemsのアップデートをしっかり行なってからインストールしてください。

もしnokogiriをインストールすることが正常に行われない場合は、必要なソフトウェアがそろっていない可能性があります。

sudo apt-get install libxslt-dev libxml2-dev

irbから操作する場合は、ssl-rubyをインストールしておく必要がある場面あるそうなので、sudo apt-get install libopenssl-rubyでインストールしておきましょう。

【Rubyの最新記事】
posted by Linuxとは at 23:14 | Ruby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。